神在祭

カテゴリー:

農家のお米.com神迎祭

翌日11月28日
ホテルで朝7時に美味しい朝食をいただきました。(温かいのは温かく冷たいのは冷たく提供された心遣いに感動)温かいしじみ汁と卵焼き、焼き魚、ご飯、煮物などで綺麗な庭園を見ながらの食事で大変満足しました。さらに、これがビジネスホテル並みの料金でしたので大満足でした。本当にありがとうございました!
神在祭の時はシーズン料金で通常より高くしてもすぐに満室になってしまうのにあえて通常料金で営業されているのは出雲の方々の「おもてなし」でしょうね! 本当に頭が下がる思いです。

7時34分に出雲科学館パークタウン前駅から電車に乗るので急いでチェックアウトをして駅に向かいました駅にはボランティアのおばさんに出会い感謝しました
そういえば昨夜駅に着いた時、無人駅のため切符を運転手に渡さないといけなかったことを思い出し不便だなあと思っていました、それをこのおばあさんがボランティアで切符の回収と駅掃除をなんと毎日行っていると聞き感動しました。

農家のお米.com神在祭
出雲大社前駅に到着すると出雲大社の神在祭は9時から本殿で始まるので本殿に向かいました。
八足門の右横にある入口で謝恩詞と神語の記入してある奉書紙とホッカイロをいただき中へ案内されました。しばらくして全員で謝恩詞(しゃおんじ)の奏上と神語の奉唱を行い神事か始まりました。2時間くらいで神事が終わり本殿から出て、今年から発売になった出雲大社公式の御朱印帳と御朱印を頂くために並びました。
農家のお米.com御朱印帳
御朱印帳は紺色と白色とがあり御朱印は御本殿前の御守所と神楽殿でいただくことが出来ました。
農家のお米.com御朱印1
御本殿前は3人(右から男性、女性、女性)で記帳されてましたが30分ほど並びました。
御本殿の御朱印 
右に参拝の墨書き、左に参拝日の墨書き、中央に出雲大社の篆書体の朱印が押印されています。
農家のお米.com御朱印2
神楽殿の御朱印 
右に奉納の墨書き、左に参拝日の墨書き、中央に出雲大社神楽殿の篆書体の朱印が押印されています。

11時から龍蛇神講大祭ですがお土産を買う時間が必要との事でお土産を買い、昼食は看雲楼に12:30で予約済みでしたのでお店に向かいました。お店の前に本日は予約のみの営業と書いてありました、 予約しておいて良かった!
幕の内弁当を注文して、待っていると別の旅行者20人ぐらいの団体が入っていらっしゃいましたこちらは旅行会社が常連みたいで予約客でした
すると注文したお弁当がきました、お弁当には、しじみ汁がついていて煮物、焼き物などがありどれも絶妙な味付けで楽しくいただけました。本当に美味しく価格以上のお弁当でした。
なお11月27日の神迎祭の日は営業されていませんでした。
出雲のおいしい食事で満足しお店を後にし、お土産を買いつつ出雲大社前駅へ向かいましたが時間があったので出雲大社前駅から電車ではなくバスで出雲市駅へ向かいました。バスは出雲大社前駅で満員になり立ったまま出発して途中のバス停ではすみません満員のため次のバスでお願いしますと運転手が各バス停で止まり謝っていらっしゃいました。運転手さんは本部へ連絡されていましたので臨時バスが出ることを願いつつ窮屈な車内で我慢しました。

帰りの高速バスは出雲市駅前から14:55出発です無事にバスにのりこめ初めての三列シートで快適な時間が過ごせて無事新大阪駅に到着し駅弁を購入し
て新幹線に乗車し岐阜羽島駅へ向かいました。

最後に
出雲大社はおもてなしが素晴らしい神社でしたし周りのホテルや飲食店にもそのおもてなしが受け継がれていて日本の原点を見たようでした。
本当にありがとうございました。